洗剤を利用して換気扇の掃除を行なう〜綺麗なお部屋になる〜

女性

良い包丁を手にする

調理器具

包丁は各家庭にあり、主に料理をつくる時に利用します。そんな包丁の種類はいくつかありますが、堺のプロが使う包丁は種類がたくさんあります。なぜ種類が多くあるかというと、対する食材によって使い分けを行なう必要があるからです。しかし、堺の一般家庭で食材に対して何度も包丁を変えているととても大変です。手入れが大変なので、1本1本を保つのが大変なのです。各家庭には2、3本あるのが一般的です。その中でも三徳包丁を利用している人が多くいます。三徳包丁は野菜や肉、魚をさばく時でも活躍しています。その為、万能包丁とも言われているのです。料理をあまりしない人でもこの1本あれば、いざというときに利用しやすいのでしょう。

牛刀という包丁があります。牛刀は和包丁か洋包丁で分けると洋包丁の分類になります。肉や野菜を切る為に作られました。牛刀は三徳包丁と見た目の違いとして、刃の先が尖っていることや刃渡りが長いことが特徴的です。牛刀だと、キャベツのような大きな野菜も切るができるので、料理人の多くは牛刀を利用しています。堺の一般家庭でも牛刀を利用している人もいます。基本的にこの2本が堺で普段の料理に使われているのです。また、このような包丁の料金はピンからキリまであるので、3千円から4千円ほどの包丁を使う方法もできます。また、1万円ほどの包丁を購入して、長く利用するという方法もあります。堺で良い包丁選びは比較サイトなどをみてみると良いでしょう。